カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ユーザータグ

クーラードリンク モンハン モンスターハンター ホットドリンク フェアリーテイル 本棚 ランタン 段ボール クラフト  作成 ブリーチ キャラ弁 TAIL  発売日 最新刊 FAIRY コーヒー アイルー お弁当 スタバ  CNBLUE 

カウンター


無料カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

Mameの趣味
本、映画、その他Mameの趣味についてのBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンデレラマン(感想)
開演1時間前に映画館に行きました。
1時間前なのにもかかわらず、もうほとんど席が無く
何とか最後尾の通路側に座る事ができました。
映画はやっぱり感動しました(T0T)
仕事もなくボクサーとしての道も断念しなきゃいけない中で
何とか必死に、家族との生活を守ろうとする姿に涙しました。

妻のメイ(レネーゼルウィガー)も何とか夫(ラッセルクロウ)を支えようと
頑張る姿も感動します。

一度はボクサーを引退するも、また復活できる事になって、
怪我をしながら戦う姿・・・。
インタビューで「何の為に戦うのですか?」と言う質問に「ミルク」
と一言・・・。
食べる事も出来ない、働く事も出来ないって本当に辛い事だなぁと思いました。
私は観て良かったなぁと思いました。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://syuu7373.blog7.fc2.com/tb.php/85-1f0ee6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボクシングで脱落しても、人間として堕落しなかった男◆『シンデレラマン』

9月13日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にてアメリカ大恐慌の時代、人々に希望を与えた"シンデレラマン"と呼ばれたボクサーが居た。前途有望なプロボクサー、ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は、妻・メイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供に囲まれ、
[2005/09/16 11:04] 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」

シンデレラマン

鑑賞した日 : 9月17日土曜日 鑑賞した劇場 : ピカデリー名古屋(9:20~) 好きなレニー・ゼルウィガーと苦手なラッセル・クロウの共演。ラッセル・クロウは好きではありません。彼の出演作で好きなものもありますが、どうもこう響かないんですよね。&nbsp...
[2005/09/18 11:22] ★☆★ Cinema Diary ★☆★

人は何のために戦うか~シンデレラマン

 「万歳!映画パラダイス」と銘打ったブログを展開しながら、3カ月あまり、映画を観ていなかった。正直なところ、あまり観たい映画がなかったのだ。観るからには感動したい。SFXは好みではないので。きょう、「シンデレラマン」の初日に「MOVIX 京都」に観にいった。前.
[2005/09/18 13:26] 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記

映画のご紹介(40) シンデレラマン

ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(40) シンデレラマンシンデレラマンを観てきた。一言で言ってしまうと21世紀版ロッキーといったところか。二言、三言で言おうと思っても、やっぱり、ロッキーの21世紀版だね、これ...
[2005/09/19 19:41] ヒューマン=ブラック・ボックス

シンデレラマン

ボディブローのような感動はあるけれど,ガツンとくるものは無い。
[2005/09/20 17:51] Akira's VOICE

『シンデレラマン』を観て来ました!

2005年9月25日シンデレラマンCinderella Man実在した伝説のボクサーかつて、“シンデレラマン”と呼ばれた男がいた2005年9月17日(土)より全国ロードショー2005年6月3日全米公開2005年/アメリカ??心で語り継がれる《奇跡の実話》??配給ブエナビスタ・インターナショナ
[2005/09/26 00:41] ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!

シンデレラマン

 ボクシングシーンがすごい。特に最後のマックス・ベア戦は結果が分っているとはいえ、手に汗握る迫力でした。  ボクシング映画といえば『ロッキー
[2005/10/04 06:34] シネクリシェ

映画「シンデレラマン」

DVDで観ました。大恐慌時代の実在のボクサー、ジム・ブラドックの奇跡の半生の映画化。ボクシングが題材なので「ロッキー」を思い出しますが、ノンフィクションということで重みが違ってきます。ジム・ブラドック演じるラッセル・クロウが優しい父親を見事に演じていていま
[2006/01/26 16:13] しょうちゃんの映画観賞日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。